地方ごとの特色

ホーム / Uncategorized / 地方ごとの特色

死装束というと白装束をイメージする方が多いのではないでしょうか。そんな死装束を連想させる、白装束で火葬場に喪主が向かう地方が存在するそうです。喪主だけでなく、故人の遺族全員が白装束を身に纏う地域もあるそうです。元々日本では不幸があった際の色は白でした。ですので、現代では違和感を感じるかもしれませんが、火葬場に向かう際に白い装束を着用しているのは別におめでたいことを連想させるわけではないのです。ちなみにおめでたい場合は黒でした。

喪服が白から黒に変わったのは明治の頃だったそうです。明治政府は欧化政策を進めており、喪に服す際西洋は黒を使用していたので、欧米の列強の国賓の前で恥をかかないようにという思惑を持って喪服を白から黒に変化させたのではないだろうかと言われています。その後皇室喪服規定で黒い喪服は礼装として定められたそうです。けれども一般庶民には中々浸透しなかった模様で、通夜の時でも喪服を着ていなかったようです。黒い喪服が浸透していったのは、太平洋戦争で戦死者が多く出てしまい、喪服の需要が増えたのですが、白い喪服は手入れが大変で、そんな白い喪服を貸衣装店が黒い喪服へスライドさせていったからだそうです。それまで喪服はまだ白いものだったそうです。

しかし日本もずっと喪服が白かったわけではなく、平安時代に一度黒い喪服が一般的になったそうなのですが、室町時代になると白い喪服がまた浸透し始めたそうです。日本の喪服は現在は黒ですが、喪主が白装束を着ていても、古くから残る風土の俗習のほうが長いこともあっておかしいということは全くなく、むしろ歴史的に見て本流と考えてもいいのかもしれないという考えがあるそうです。

生前対策のメリット

ホーム / Uncategorized / 生前対策のメリット

「死」を考える時、後に残される家族のために、財産が多いとか少ないといったことに関わらず、生前に自分の相続財産をどうするか考えておくことは重要と言えるでしょう。事前に相続について家族間で話し合い、造言書というものを作っておけば、自身が死を迎えた時に遺族間での争いが起こらず、円満な相談で済ませることができるのではないでしょうか。

この場合のメリットとしては、財産を確認し、相続の方向性を明確にしておくことで、相続手続きの負担を軽減できるといったことや、あらかじめ財産を分割しやすい状態にしておき、分割方法も家族が納得する形で決めておくことにより、家族での争いが防げるということ、節税対策や資産の運用といった方法を取ることで、残される家族が、その後生活していくために必要な家や金銭を残すことができるといったことが挙げられるでしょう。生前対策に取り組む順序としては、財産の確認、評価、整理をすることが最優先でしょう。

それが確認できなければ、その後の相談が進まないと考えておきましょう。確かな情報で相談することが、後々のトラブルも防げるコツと言えるでしょう。その上で、分割できる財産へと変換したり、分割金や納税資金を準備すると良いのではないでしょうか。他にも、遺産分割を明確に決定して遺言書を作成するという方法や、評価と財産を減らし、節税対策をするといった準備も大切なのではないでしょうか。自身の死後に家族が争うということは、とても悲しく、寂しいものと思います。そんなことが起こってしまわないよう、事前に話し合い、みんなが納得できる円満な対策を考えておくと良いでしょう。自分の家族は絶対に大丈夫だと思っているかもしれませんが、そうはいかないのが相続というものではないでしょうか。

葬儀後の流れ

ホーム / Uncategorized / 葬儀後の流れ

仏教式の葬儀の場合、葬儀、告別式、火葬が終わり、火葬場から遺骨を家に持ち帰った後「還骨法要」という儀式を行うのが一般的と言えるでしょう。持ち帰った遺骨を安置し、僧侶による読経と遺族による焼香を行なうのが流れとなっているようです。本来であれば、死後7日目に行なうとされている初七日の法要も、この時にくり上げて同時に行なってしまうということが近年では多いと言われています。

さらに、本来なら初七日の後に行なう精進落としも、初七日のくり上げに合わせて火葬後にするというスタイルが主流となっているようです。こちらは、僧侶や親族を料理や酒でもてなすといったもので、宗教によってもてなし方は変わってくると言われているようです。また、宗教によって違うのは葬儀の形式だけでなく、お墓も異なってくるようです。現在では公園墓地、霊園、納骨堂といったようにさまざまなスタイルのお墓がありますが、宗教上のしきたりなどを確認した上で選ぶようにすると良いでしょう。

葬儀後の後始末としては、世話役から、香典や香典l帳、芳名帳、弔電、弔辞、供物の記録帳、出納帳などを引き継ぐといった事務引き継ぎのほか、宗教者への謝礼、葬儀会社への支払い、飲食代の支払い、また、近年では葬儀場で渡すことが多いとされていますが、本来であれば四十九日を過ぎた後に香典のお返しを送る香典返しの準備や、宗教者、世話役、近所の人、故人の勤め先へのあいさつ回り、葬儀に呼ばなかった人への死亡通知を送ること、故人の遺品を保存するもの、捨てるもの、あげるものに分けて片づける遺品整理などが挙げられるでしょう。臨終から忙しくしているため、漏れのないように準備しておけると良いのではないでしょうか。

墓のバリエーション

ホーム / Uncategorized / 墓のバリエーション

永代供養付きのお墓がブームを迎える中で、最近では、公園と一体になったお墓などが流行っているというようなニュースをよく耳にします。自分自身のお墓の墓標となるものを、石ではなく樹木を植えることで、その代わりを果たさせるというようなケースがあるようで樹木を植えることによって 、自分自身の墓石の代わりを果たすことができるとすれば、これまでの従来の堅苦しいお墓参りの雰囲気を大きく変えることができる可能性があるという風に言えるかもしれません。また、宗教や宗派によって、墓石の形や刻む文字などが決まっている場合などもあるわけですが、土俵を樹木にした場合などは、このようなことを考えなくても良いという場合もあるため、様々な宗派の人々に受け入れられやすいと言うメリットも確実にあるという風に言えるのではないでしょうか。樹木葬と呼ばれる特殊な形式は地方などの土地がやや余っているような地域であれば、これから流行する形式であるという風に言えるかもしれません。そして、墓地のようにお墓参りをする為の場所としてお墓が存在するというわけではなく、納骨堂のようにお墓参りをするためにビルが存在するというわけでもなく、子供や孫などを連れて遊びに行くことができる公園として墓地が存在するとすれば明るい気持ちでお墓参りをすることができるという点も、樹木葬の大きなメリットであるというふうに考えられるでしょうし、夏などは大きく育った樹木の下でのんびりとすることでもできれば、故人を偲んで話に花が咲くこともきっとあるだろうというふうに考えられなくもありません。昔は、墓石を購入して、そこにどんな文字を刻み、いつ頃完成するかということに気にしていたわけですが、現代ではそのようなものはなくなっているわけです。

永代供養の形式

ホーム / Uncategorized / 永代供養の形式

最近では、永代供養付きのお墓がブームとなっていることもあって、インターネットやテレビのニュースなどでも取り上げられることが多くなってきたようにも感じますが、その亡くなった人などの遺骨を安置する方法は様々で、個別に骨壷のままお墓の中へ置いておく型式もあれば、骨壷を他人と共同で用いて安置する集合的な形式もあるほか、お墓自体を共同のお墓の中に全てまとめてしまって祀るという形もあるようです。永代供養のお墓の形態は非常に様々で、一般的な墓石を建てて納骨棺の中にお墓を入れるというような形式もあるようですが、最近流行りの形式として挙げられるのは、納骨堂形式のもので昔は納骨堂といえば無縁仏や戦争でお亡くなりになった方などが入るというような風に考えている節があったわけですが、現代ではお墓を持たずむしろ簡単に供養を済ませたいという人にとってみればメリットが多い形式であるという風に考える人が多く、再び脚光を浴びている現状があるという風に言えるかもしれません。また、納骨堂の形式であれば、自分自身より下の子供や孫の世代などに迷惑をかけることもなく、都心などにもビルの中に納骨堂が存在しているケースがあるため、気軽にお墓参りをすることができるという点なども現代の生活スタイルにマッチしているという風に言えなくもないと考えられるわけです。また、この他にもモニュメントを立ててその下に共同のお墓を作ることでそのモニュメントにお墓参りをすることで故人を偲ぶという形式を取っているところもあり、公園などになっているケースなどもあることから、これもまた気軽にお墓参りをすることができるという点が受けているという点は言わずもがなあるのではないでしょうか。

お墓と土地不足

ホーム / Uncategorized / お墓と土地不足

高齢化社会が大きく進んでいくにつれて、お墓の不足が深刻な問題となりつつあることはインターネットやテレビなどのニュースなどでも取り上げられており、都心部の土地不足などがこれに拍車をかけている現状があるということも指摘されているわけです。

実際のところ、この数十年の間に、地方に住んでいる人よりも都心部へと引っ越す人が増えてきており、その場所でなくなることを望んでいる人々を埋葬する場所が物理的に足りていないということも事実であるということは言えるかもしれません。そのような場合どのようにして順調に埋葬を進めていくのかということは今後の社会が抱える課題の一つであるという風に言えてしまうかもしれませんし、地味に地道に解決を進めていかなければならない問題であるということは間違いなく言えるかもしれません。

お墓の重要というものは今後も人間が生きている限りなくならないことは明らかに分かっているわけですから考えなければならない問題であるでしょうし、各自治体が深刻に受け止めていれば良いということを願わずにはいられません。

都内を例に挙げるとすれば、1年間20万人以上の人がなくなっているという風に言われており、しかしその一方でお墓などは1万に届かないほどが供給されているのみで、圧倒的にお墓が不足しているため、東京の郊外であったり東京都の外にお墓を求めなければならない状態が続いているということは覚えておく必要があることは間違いないと言えるかもしれません。

最近では、地方の自治体や永代供養付きのお墓などを経営する企業などが、積極的に見学会などを開いており、事前に予約をすることができるというケースも生まれているようですから、アンテナを高くして情報収集を続けておくことが、スムーズにお墓にありつけるためのコツであるということはいえそうですね。

埋葬方法とトラブル

ホーム / Uncategorized / 埋葬方法とトラブル

様々な形の埋葬方法が生み出されていく現代においては、現代の流行に合った埋葬をしてしまったために、トラブルを逆に招いてしまったというケースもあるようです。

映画やドラマなどでも放送されたことから影響を受けて自分自身が死亡した後に、その骨を海や山などに散骨してほしいという風に考える人は多くなってきたように感じますが確かに散骨をすることで子供や孫などの下の世代に負担がかからないという点は大きなメリットとして挙げられるかもしれませんが、子供や孫の世代などがお墓参りをしたいという風に改めて考えるようなことになった場合やお墓を移動させたいというふうに考えたり骨を改めて確認したいなどというふうに考えた際に散骨をしてしまえば、ほとんど遺骨を見つけることは不可能ですから注意をしておくことが重要だという風に言えるかもしれません。

きちんと法律に従って散骨をするならば、決して何も問題はないわけですが子供の世代や孫の世代などで考え方が大きく変わったりすれば、改めて遺骨が必要となるというような場合もあったりするわけで、安易に自分自身だけの意見で散骨をしてしまうということは特に注意しておかなければならないということは言えるのではないかと思われます。

確かに、亡くなった人からすれば、散骨をすることで自分自身が自然に帰るという感覚を実感することができるということは、間違いのないことであるという風には言えそうですが、それでもなお 、亡くなった人の思いを尊重するような形で、遺骨を処理することができれば、ベストではないかと思わずにはいられません。