戒名を戴く際の注意点・菩提寺とは遠隔地の場合

ホーム / Uncategorized / 戒名を戴く際の注意点・菩提寺とは遠隔地の場合

仏教の世界では師僧から仏弟子になる際に仏名(ぶつみょう、と読む)を授かりますが、これが「戒名」のことを指します。
浄土真宗では「法名(ほうみょう、と読む)」、日蓮宗では「法号」とも言いますが、意味は皆同じことです。
本来、仏教徒であるならば生前にこの名前を戴くはずなのですが、昨今は篤信の方も少なくなりましたので、
亡くなってからお名前を戴くという流れになってしまいました。
そのときに問題になるのが、仏教の場合なのですが、菩提寺があるにもかかわらず遠方に住んでいてその地で亡くなり、
遺族が葬儀社派遣の僧侶を呼んで戒名を授けてしまう例です。このようなことをしてしまうと菩提寺のお墓に入ることができません。
なぜならば師から法名は授かるものだからです。
こうなってしまうと納骨するためには新たに菩提寺の住職に戒名を授かり、お墓に入れてもらうという二重手間がかかってしまいます。
そのため家族のどなたかが亡くなった際に、葬家に菩提寺があるならば、そのお寺の住職にまずは早急に相談をしましょう。
そして遠方でもおいでいただけるか、もし叶わないようであれば葬儀社に僧侶の派遣をしてもらい、俗名(生前の名前)のままお葬式を行い、
御遺骨を納める時期に新たに戒名を菩提寺の住職に授けていただきましょう。すべては菩提寺の住職との相談にかかっていますので、普段お付き合いが頻繁にないとしても遠慮せずに早急に連絡をすることを強くおすすめいたします。
戒名は信仰の篤さによる格付け・菩提寺への貢献度によって変化していきます。一般的にはお布施の金額によってかわると言いますが、
お葬式でお布施が思うようにできなかったとしても、菩提寺に長いことをご先祖からお付き合いがある場合などは戒名のランクが下がるということはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です