地方ごとの特色

ホーム / Uncategorized / 地方ごとの特色

死装束というと白装束をイメージする方が多いのではないでしょうか。そんな死装束を連想させる、白装束で火葬場に喪主が向かう地方が存在するそうです。喪主だけでなく、故人の遺族全員が白装束を身に纏う地域もあるそうです。元々日本では不幸があった際の色は白でした。ですので、現代では違和感を感じるかもしれませんが、火葬場に向かう際に白い装束を着用しているのは別におめでたいことを連想させるわけではないのです。ちなみにおめでたい場合は黒でした。

喪服が白から黒に変わったのは明治の頃だったそうです。明治政府は欧化政策を進めており、喪に服す際西洋は黒を使用していたので、欧米の列強の国賓の前で恥をかかないようにという思惑を持って喪服を白から黒に変化させたのではないだろうかと言われています。その後皇室喪服規定で黒い喪服は礼装として定められたそうです。けれども一般庶民には中々浸透しなかった模様で、通夜の時でも喪服を着ていなかったようです。黒い喪服が浸透していったのは、太平洋戦争で戦死者が多く出てしまい、喪服の需要が増えたのですが、白い喪服は手入れが大変で、そんな白い喪服を貸衣装店が黒い喪服へスライドさせていったからだそうです。それまで喪服はまだ白いものだったそうです。

しかし日本もずっと喪服が白かったわけではなく、平安時代に一度黒い喪服が一般的になったそうなのですが、室町時代になると白い喪服がまた浸透し始めたそうです。日本の喪服は現在は黒ですが、喪主が白装束を着ていても、古くから残る風土の俗習のほうが長いこともあっておかしいということは全くなく、むしろ歴史的に見て本流と考えてもいいのかもしれないという考えがあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です