葬儀後の流れ

ホーム / Uncategorized / 葬儀後の流れ

仏教式の葬儀の場合、葬儀、告別式、火葬が終わり、火葬場から遺骨を家に持ち帰った後「還骨法要」という儀式を行うのが一般的と言えるでしょう。持ち帰った遺骨を安置し、僧侶による読経と遺族による焼香を行なうのが流れとなっているようです。本来であれば、死後7日目に行なうとされている初七日の法要も、この時にくり上げて同時に行なってしまうということが近年では多いと言われています。

さらに、本来なら初七日の後に行なう精進落としも、初七日のくり上げに合わせて火葬後にするというスタイルが主流となっているようです。こちらは、僧侶や親族を料理や酒でもてなすといったもので、宗教によってもてなし方は変わってくると言われているようです。また、宗教によって違うのは葬儀の形式だけでなく、お墓も異なってくるようです。現在では公園墓地、霊園、納骨堂といったようにさまざまなスタイルのお墓がありますが、宗教上のしきたりなどを確認した上で選ぶようにすると良いでしょう。

葬儀後の後始末としては、世話役から、香典や香典l帳、芳名帳、弔電、弔辞、供物の記録帳、出納帳などを引き継ぐといった事務引き継ぎのほか、宗教者への謝礼、葬儀会社への支払い、飲食代の支払い、また、近年では葬儀場で渡すことが多いとされていますが、本来であれば四十九日を過ぎた後に香典のお返しを送る香典返しの準備や、宗教者、世話役、近所の人、故人の勤め先へのあいさつ回り、葬儀に呼ばなかった人への死亡通知を送ること、故人の遺品を保存するもの、捨てるもの、あげるものに分けて片づける遺品整理などが挙げられるでしょう。臨終から忙しくしているため、漏れのないように準備しておけると良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です