永代供養の形式

ホーム / Uncategorized / 永代供養の形式

最近では、永代供養付きのお墓がブームとなっていることもあって、インターネットやテレビのニュースなどでも取り上げられることが多くなってきたようにも感じますが、その亡くなった人などの遺骨を安置する方法は様々で、個別に骨壷のままお墓の中へ置いておく型式もあれば、骨壷を他人と共同で用いて安置する集合的な形式もあるほか、お墓自体を共同のお墓の中に全てまとめてしまって祀るという形もあるようです。永代供養のお墓の形態は非常に様々で、一般的な墓石を建てて納骨棺の中にお墓を入れるというような形式もあるようですが、最近流行りの形式として挙げられるのは、納骨堂形式のもので昔は納骨堂といえば無縁仏や戦争でお亡くなりになった方などが入るというような風に考えている節があったわけですが、現代ではお墓を持たずむしろ簡単に供養を済ませたいという人にとってみればメリットが多い形式であるという風に考える人が多く、再び脚光を浴びている現状があるという風に言えるかもしれません。また、納骨堂の形式であれば、自分自身より下の子供や孫の世代などに迷惑をかけることもなく、都心などにもビルの中に納骨堂が存在しているケースがあるため、気軽にお墓参りをすることができるという点なども現代の生活スタイルにマッチしているという風に言えなくもないと考えられるわけです。また、この他にもモニュメントを立ててその下に共同のお墓を作ることでそのモニュメントにお墓参りをすることで故人を偲ぶという形式を取っているところもあり、公園などになっているケースなどもあることから、これもまた気軽にお墓参りをすることができるという点が受けているという点は言わずもがなあるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です