お墓と土地不足

ホーム / Uncategorized / お墓と土地不足

高齢化社会が大きく進んでいくにつれて、お墓の不足が深刻な問題となりつつあることはインターネットやテレビなどのニュースなどでも取り上げられており、都心部の土地不足などがこれに拍車をかけている現状があるということも指摘されているわけです。

実際のところ、この数十年の間に、地方に住んでいる人よりも都心部へと引っ越す人が増えてきており、その場所でなくなることを望んでいる人々を埋葬する場所が物理的に足りていないということも事実であるということは言えるかもしれません。そのような場合どのようにして順調に埋葬を進めていくのかということは今後の社会が抱える課題の一つであるという風に言えてしまうかもしれませんし、地味に地道に解決を進めていかなければならない問題であるということは間違いなく言えるかもしれません。

お墓の重要というものは今後も人間が生きている限りなくならないことは明らかに分かっているわけですから考えなければならない問題であるでしょうし、各自治体が深刻に受け止めていれば良いということを願わずにはいられません。

都内を例に挙げるとすれば、1年間20万人以上の人がなくなっているという風に言われており、しかしその一方でお墓などは1万に届かないほどが供給されているのみで、圧倒的にお墓が不足しているため、東京の郊外であったり東京都の外にお墓を求めなければならない状態が続いているということは覚えておく必要があることは間違いないと言えるかもしれません。

最近では、地方の自治体や永代供養付きのお墓などを経営する企業などが、積極的に見学会などを開いており、事前に予約をすることができるというケースも生まれているようですから、アンテナを高くして情報収集を続けておくことが、スムーズにお墓にありつけるためのコツであるということはいえそうですね。