遺骨

火葬した後、故人の遺骨を分骨をしたいといった場合には、勝手に分けてしまわずに、きちんと葬儀会社と火葬場に事前に依頼しておくことが大切でしょう。

この一手間により、分骨用の骨壷や錦袋を準備してもらうことができるでしょう。ただ分ければ良いという訳にはいかないのが「分骨」と言えるのではないでしょうか。身近において自宅供養したいといった場合や、故人の宗派の総本山に遺骨を納めてあげたいといった場合などに行なうと良いでしょう。

墓地や霊園、納骨堂などに収めることが決まっている場合でも、分骨は火葬場で行うことができるため、決心した時点で早めに連絡しておくと良いでしょう。火葬場では、その他に「納めの式」と「骨上げ」という儀式が行われるようです。

「納めの式」というのは、火葬を行なう前の最期のお別れの儀式でもあり、安置した棺の周りに、位牌や遺影を置き、僧侶が同行している場合にはお経を読んでもらい、喪主から順に焼香をあげるという流れで行われるようです。棺が炉に入るときは合掌をして祈るのが一般的でしょう。「骨上げ」というのは、火葬を終えた後、骨壺に遺骨を入れる作業のことを指しているようです。

参列者全員が、2人1組となり、それぞれの箸でひとつの骨を拾い上げて骨壺に納めるというのが作法とされています。これにも順番があり、喪主、遺族、近親者というように続いていくようです。火葬場では、火葬を行なった後、「死体埋葬許可証」というものが発行され、なくしてしまわないように骨壷へ一緒に入れるなどして大切に保管しておくとよいでしょう。

また、神道の場合、火葬の前に「火葬祭」という儀式が行なわれるとされています。斎主が祭詞を奏上し、遺族や友人が玉串奉奠を行うというもののようです。火葬の後、自宅に戻る際には「祓いの儀」をしてからというしきたりもあるようです。