火葬式

一般的に「お葬式」とまとめられる流れとして、葬儀、告別式の後は、故人の遺体を火葬し、遺骨にして家に迎えることと言えるでしょう。

火葬式を行うためには、死亡届を出した際に発行される「死体火葬許可証」というものが必要となるようです。葬儀・告別式の後、棺を火葬場へ出棺します。この直前、喪主から順に棺の中に生花を入れ、故人と最期のお別れを告げるのが一般的です。

棺の蓋を1人2回ずつ順番に釘で打ちつけて閉じた後、棺を霊柩車に乗せた後、会葬者への挨拶を行い、火葬場へ向かう流れとなるでしょう。宗派によっては棺に釘を打たないこともあるようですが、これは墓地や霊園、納骨堂などと同様、事前に確認しておけることなので安心して良いでしょう。

火葬場では、死亡届を提出した時に取得した「死体火葬許可証」を提出することになるでしょう。火葬が終了するまでは、お茶や茶菓子などを用意し、同行者をもてなすのが一般的と言えるでしょう。近年ではこの時に「精進落とし」をするといった光景も多くみられているようです。火葬が終わったら「骨上げ」という儀式を行ない、遺骨を自宅へ持ち帰ることになるでしょう。

葬儀会社によって設置してもらった「後飾り」と呼ばれる祭壇に遺骨を安置しましょう。その後、僧侶の読経、喪主から順番に焼香をし、終了という流れになるようです。

火葬場で精進落としをする場合、初七日をくり上げて還骨法要と一緒に行なうことも多く、家族や故人の意志によって様々なバリエーションが増えてきていると言えるでしょう。

家族や故人にぴったりな葬儀ができるよう、しっかりと葬儀会社と相談し、打ち合わせをしておくと良いのではないでしょうか。